カテゴリ:IFAの勉強( 21 )

IFAクラス入学までの話②

2012年3月に書いた「IFAクラス入学までの話①」から
2年半以上経過しました、その続きを細々と。

あん摩 マッサージ・指圧師と鍼灸師の資格が取れる学校
の入学を考えたものの、仕事との両立、学費等、入学を
決めるにはハードルが高く、悶々とする日々。。

そんな時、会社員を辞め、鍼灸・あんま師の資格取得を
目指し学生生活を送っていた方が書いていた東洋医学に
ついて綴っていたブログを愛読していました。

その方は当初、会社員をしつつ、夜学に通われていて、
その後、会社員を辞め、学業1本に絞られた方でした。

失礼覚悟で、ブログのコメント欄で質問と相談をさせて
いただいたところ、丁寧でかつ、確信をつく返事を下さ
いました。

「年齢を重ねた立場ゆえ、資格の取得だけではなく、
資格を取った後、自分は何をしたいのか?(資格取得後
の具体的なビジョン)を考える事は、進むべき道を決める
上で大切なのではないか。」というアドバイスは、勇み足
になっていた私にとって、今一度冷静に考えるきっかけに
なりました。

そして、考えた結果、鍼灸・あんま師の学校への進学は
断念しました。2006年の事です

その後、仕事の転勤、引越などでバタバタしつつ、すっかり
マッサージへの興味は忘れ去られ、会社生活をしつつ、今ま
どおりの日々を続けていました。

しかし、私の中で、マッサージへの興味の灯は消えてなかっ
たのか?今となっては何がきっかけになったのか忘れてしま
いましたが、2008年に入りインターネットでリラクゼーショ
ンマッサージについて知り、「マッサージー=あんま」だった
私は、まずはいろいろ受けてみようと、「タイ式」「バリニー
ズ」「オイルマッサージ」数々のマッサージを受けては、ネッ
トで調べ、辿り着いたのが、初めて知った「スウェ―ディッシ
ュマッサージ」でした。(筋肉に働きかけるマッサージです)

いきなり長期間のクラスに入学する覚悟はなかったので、
短期間のクラスを開講している学校をいくつか絞り、
資料を取り寄せ、2校に絞ったところで、勉強する学校の
施術を事前に体験してみようと、後に母校となる「日本
ホリスティックケア研究所」の併設サロンで、生まれて
初めての「スウェ―ディッシュマッサージ」体験
「ビンゴ!!」このマッサージをこの学校で学びたい。
と2009年1月からの3ケ月の短期クラス入学を決めました。

考えてみれば、これが、後のIFAクラス入学につながる
決断でした。







[PR]
by mocara418739 | 2014-12-23 01:55 | IFAの勉強

IFA正会員になりました

数ある「2014年になったらやりたい事」の1つが
IFAの海外正会員の申請をする事でした。

IFAの資格を取得したのは2012年2月ですが、
「IFA認定アロマセラピスト」というタイトルを使う
予定がなかったので、正会員の申請をせずに
いましたが、新たなチャレンジのために、タイトル
が使えた方が良いと思い申請しました。

そして、今日、ポストにイギリスからエアメールが、
「キタキタ」と空けてみると、認定書とバッチが同
封されていました。

学生の時は「IFAのバッチが欲しい。」と憧れてい
たのですが、実際に手にしてみると。

嬉しいは、嬉しいのですが、それ以上に、IFA認定
セラピストを名乗る以上は、それに見合う、知識と
施術が出来るようにならなければ。と、身が引き
締まります。

【憧れていたIFAバッチはこちら↓】
d0245359_21292534.jpg

[PR]
by mocara418739 | 2014-01-24 21:29 | IFAの勉強

夏だけど,ho-ho-ho ホーウッド

夏だけど、ho-ho-ho ホーウッド

サンタクロースの笑い声、ho-ho-hoとホーウッド
「ホー」繋がりだけで、何の関係もないけど。。。

先月、「IFAクラス」の外部クライアントの施術モデル
をした際、セラピストさんに「どちらかというと敏感
肌なので。」と伝えたところ、フェイシャル用の精油と
してホーウッドを選んでくれました。

低濃度だったので、香りが弱かったので、香りの特徴
を掴めなかったのですが、使用感はとてもよかったで
です。

学校に通っていた時「ホーウッド」使ったことあった
っけ?

自分では「ホーウッド」を持っていないので、テキスト
で予習した後、「生活の木」にて、どんな香りか確かめ
に行きました。

初めて「ホーウッド」の香り確認した際、テキストに書い
た感想は「すっきりとした、いやみのない木の香り」でし
た。
あらためて確認してみると、当初の感想どおりで。プラ
スの感想として「木系に草系の雰囲気を持ち合わせた
精油」かな。

フェイシャルに「ホーウッド」を使ってもらったのは初め
てだったので、新鮮でした。

調べてみたら、皮膚へのアプローチが可能な精油で、
「ニキビ、傷跡、しわ、過敏肌を含むスキンケアに
良いと言われている。」「単独使用の他、ローズウッド
と一緒に使用することもあり。」

その他のアプローチとしては、気持ちを引き立てる。
緊張や月経のストレスにも良いようです。

数々の精油との相性が良さそうな「ホーウッド」です。

-------------------------------------------------------
ホーウッド/Ho Wood
(学名:Cinnamomum camphora var.linaloolifera)
クスノキ科/抽出部位:木部
抽出方法:水蒸気蒸留法
--------------------------------------------------------
【禁忌】: 癇癪(かんしゃく)、発熱、授乳中あるいは妊娠中の
女性、2才以下の子供

(お断り)精油のご利用に際しては、ご自身の責任において
安全にご利用下さい。
[PR]
by mocara418739 | 2013-09-03 00:03 | IFAの勉強

大丈夫★

こんばんは、mocaraです。

明日、2月24日(日)は母校でIFAの本部試験(実
技)が行われる日です。

外部のクライアントに対し、コンサルティング、クライ
アントの状態に合う精油のブレンド、トリートメント、
フィードバックを試験時間中に行います。

今まで何度か外部クライアントを迎え、同様の事を
行った事があるものの、緊張してしまう方もいらっし
ゃるかもしれません。私も去年受験した際、最初だ
けちょっと緊張しました。

でも、大丈夫。

入学から今日の日まで同じ目標に向かって一緒に
学んだクラスメイトが、今まで懸命に指導して下さ
った先生方が、すぐ傍にいます。

もし、緊張してしまったら。

背筋を伸ばし、深呼吸をして、クラスメイトに微笑み
かけてみませんか?スーッと緊張がほどけると思い
ます。

陰ながら、mocaraも応援しています。
[PR]
by mocara418739 | 2013-02-23 23:03 | IFAの勉強

外部クライアントしてきました。

こんにちは、mocaraです。

週末、母校にて、現生徒さんのアロマトリートメントの
外部クライアントとして施術を受けてきました。

授業では、生徒同士でモデルになりますが、外部クライ
アントでは、外部からモデルを招き、「お迎え、コンサル
テーション、施術、お見送り」までを行います。

同級生同士、家族、友達とは違って、良い緊張感を持って
コンサル、施術が出来るので、外部クライアントは勉強に
なります。

私としては、いろいろなセラピストの施術を受けるのは、
勉強になります。また、精油のブレンドも「おっ、この精
油と、あの精油をブレンドするんだ。」と新鮮な組み合わせ
が刺激になります。

最近、忙しくて、自分の身体をセルフマッサージ出来て
なかったのですが、担当していただいたセラピストさんに、
「相当バキバキでした!」と驚かれてしまいました。
ちょこっとだけ先輩セラピストなのに、セルフケア出来て
いなくて恥ずかしい。。。。。

当日、同級生とも偶然会え、タイレストランでランチをしな
がら、近況報告をして有意義な時間が過ごせました。
[PR]
by mocara418739 | 2012-08-08 12:54 | IFAの勉強

君の名は 精油(学名)の暗記

こんにちは、mocaraです。

精油について、学ぶ事はとても楽しいです。
しかし、各精油の属名と種小名を正確に暗記する
のは、結構しんどかった。。
IFAの試験は全て記述式なので、スペルも覚え、
書けないとダメなんです。

18世紀に活躍していた、カール・ホン・リンネ
さん、「植物分類学の父」と呼ばれている方です。
(テキストに掲載のリンネさんは、音楽室に貼ら
れていた、著名な音楽家の肖像画のようです。)

彼は、「二名法」を考案しました。
学問上、生物を特定するために世界共通に付け
られる名称(=学名)で、「属名」と「種小名」の2つ
で表します。

たとえば、「ゼラニウム」(英語:Geranium)ですが、
属名は「Pelargonium」(ぺラルゴニウム)
種小名は「graveolens」(グラヴェオレンス)です。
(属名は大文字で始まる/種小名は小文字で始まる)

万国共通「ゼラニウム」と呼べば良いのに。。。と
ぼやきたくなりますが、IFA合格には避けて通れない
道なので、前向きに行きましょう。

もちろん、意味もなく「属名」「種小名」が付けられる訳
ではなく、そこには,Storyがあります。
属名の「Pelargonium」はギリシャ語のpelargos
(コウノトリ)ゼラニウムの花がコウノトリのくちばしに似
ていることから命名され、種小名のは「graveolens」
はラテン語できつい匂いのするという意味だそうです。

ひたすら書く、目に焼き付ける、暗記法は人それぞれ
ですが、私の場合、属名/種小名の由来を知ると、印
象に残るせいか、少しは覚えやすくなりました。
精油の中にはmocara特製?語呂合わせで覚えた
精油もありますが。。。

図書館で、IFAの試験勉強していた際、「ハーブ学名
語源辞典」(大槻真一郎 著/東京堂出版/2520円)
を見付けました。精油やハーブティーなどに使われる植
物の学名の由来や、ハーブに関するエピソードがまとめ
られており、精油を学ぶ人にとって役立つ一冊だと思うの
で、ご紹介させていただきました。ご参考まで。
d0245359_1857494.jpg

[PR]
by mocara418739 | 2012-06-30 18:53 | IFAの勉強

気持ちは次なるミッションへ

おはようございます、mocaraです。
届きました。何が?って。

じゃじゃーん。

1)学校(Vivat Holistic Training)の
  ディプロマ
2)IFAの試験合格のサーティフィケート
  (筆記試験&実技試験)

です。

合格の連絡も受けた時の方が感動は大き
かったですが、目に見える、サーティフィ
ケートやディプロマも嬉しいです。

学校に入学して、学び、IFAの資格を取得
出来ました。
今までは資格取得が目的でした。
でも今は、この学びを生かす事が私のミッ
ションです。
[PR]
by mocara418739 | 2012-05-21 08:08 | IFAの勉強

続★救命法

オイッス!mocaraです。

先日の「普通救命法」の講座の続きです。

講習では主に救命処置として「心肺蘇生」(胸骨圧
迫と人工呼吸)、「AEDを用いた除細動」「気道異物
除去」を学びました。

最初に渡される「普通救命講習テキスト」で説明を
受けた後は、実技が主体となり、順番に専用の人形
を使用し、「周囲の安全確認」→「反応の有無」→
「大声で助けを求め、119番通報・AED依頼」→
「胸骨圧迫(30回)、気道確保、人工呼吸(2回)」→
「AEDの使用」を繰り返し行いました。

真剣に行うと、息は切れるわ、汗は出るわ、結構ハー
ドな運動量です。
かがんだ姿勢で一連の動作を行うので、パンツスタ
イルでの参加をおすすめします。
スーツ(スカート)で参加した新入社員さんは苦労
していました。

「初めて参加した人でも、真剣に4時間の講習を受
けた人は、人の命を救う事が出来ます。もし、救命
の機会に遭遇したら、躊躇することなく、自信を持
って、周りの人にも声をかけ、協力しながら、人命
救助を試みて下さい。」と講師の方からのお話でし
た。

駅やデパート、オフィスなど、AEDを設置する場所
も随分多くなり、目にする機会も増えましたね。
今回の講習を受けるまで、AEDの機能について間
違って理解していました。(恥ずかしいので、詳細は
控えます。)

また、「AEDを使える人=相当すごい人」「私がAED
を操作するなんて、とんでもない。無理!」とも思っ
ていましたが。

講座で、機能を知り、操作法を繰り返し学び、「Yes、
I can」と言えるまでに。

「的確で、分かり易い指導、容赦のない愛のあるダメ
出し、テキスト代込」で、費用は1400円でした。

「IFAの正会員申請に必要だから。」というきっかけで
受講した講座でしたが、申請の事は関係なく、受講す
る価値がありました。

もし、興味を持たれた方は是非、お住まいの都道府県
や市町村、消防署のホームページ等で講座について
調べてみて下さい。

講師の長さんからの伝言です「救命法は人間愛です。」

↓↓↓「救命技能認定証」をいただきました。
3年以内に再講習を受ける必要があります。
mocaraはもちろん再講習受けに行きます!
d0245359_23553646.jpg

[PR]
by mocara418739 | 2012-04-24 23:58 | IFAの勉強

普通救命法★フロム反面教師

オイッス!mocaraです。

IFAの正会員の申請時「普通救命講習の修了証」の
写しが必要になるため、合格発表前ではありました
が、4月上旬に消防署で講習を受けてきました。

救命法を教えて下さる先生は、元救急隊員の方で、
背が高く、体格はガッチリ、声もかなり大きい、
ノリは「8時だよ全員集合のいかりや長介さん」で、
「オイッス! 声が小さい、もう一度、オイッス!」
と聞こえてきそう。

私が受けたクラスの参加者は21名でした。
新年度からか、会社から受講するよう言われ、
参加している方が8割を占めていました。
ピカピカの新入社員さんも9名参加。

JRの職員の方、レストラン勤務の方がおいでで。
なるほど、救急法のトレーニングが必要な職場は
結構ありますね。

学校の先生に随分前に「資格申請前までに救命法の
クラスを受講する必要があります。消防署で受けて
おいて下さいね。」と言われたのですが、アロマのケ
ースタディが始まり、レポート書き、試験勉強と続き、
正直、救命法どころじゃなくなり。。。。

実際、申し込み手続きを開始したのは2月下旬、
住んでいる市で講習を受けようとしたら、「(私が行け
そうな開催場所では)7月まで普通救命法の講習はな
し。」との事。

4月からカリキュラム変更で、講座の種類が増えた事
により、普通救命法の開催回数が減ったそう。

「4月中には受けたい。」と急遽、「東京都で働いてい
るんだから、東京都で受けさせてもらえるはず。」
と、東京防災救急協会のホームページで日程をチェ
ックしたら、近隣の消防署での講習はことごとく“満員”

ダメもとで、協会に電話で問い合わせたら、「ご希望
の消防署で1名キャンセルが出たので、ご参加いただ
けますよ。」と無事に申し込む事が出来ました。

前置きが長くなりましたが、普通救命法の講習は是非
アロマのケーススタディ開始前に受講する又は前もっ
てIFA本部試験後の2月末以降の講習を申し込んで
おくことをおすすめします。

前記のとおり、4月は会社関係の需要が多いようで、他
の月以上に混雑するようです。

長くなりましたので、「普通救命法」の講習内容とその
感想は、別の記事でアップします。
以上、反面教師からのアドバイスでした★
[PR]
by mocara418739 | 2012-04-22 22:46 | IFAの勉強

サクラサク 合格しました

こんばんは、mocaraです。

IFAの試験に合格しました。
本当に嬉しいです。
諦めないで本当によかった。

先生方、クラスメート、クライアントさん、友人、家族、
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
先生から「これから、アロマを通して、色々なところで
困っている人の役にたっていただければと思います。」
と言葉をいただき、気持ちが引き締まりました。

セラピストとしての本当のスタートラインに立ちました。
急がず、あせらず、じっくりと、精進していきたいと思っ
ています。
[PR]
by mocara418739 | 2012-04-13 23:55 | IFAの勉強

兼業アロマセラピストの日々を綴っています。(会社員と週末アロマセラピスト)(2012年春IFA認定アロマセラピスト取得)


by mocara
プロフィールを見る
画像一覧